フリーダイヤル 0120-765-039
 
HOME
フードヘルスシステム
サーモメディックヘルスシステム
ウェルウォーターシステム
代理店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:
 

装置の概要は、ろ過タンク、濾過材、薬注装置、電動バルブを装備した配管と、制御盤です。たとえば、10ppm↓のFeを除去する(95%以上除去)であれば、200L容積の濾過タンクを使用します。占有スペースにすると1平米もあれば十分です。

単純なFeの場合、フラットな設置場所があって、装置1次側(ポンプからの吐出)、2次側(処理水側の配管)と、洗浄排水のドレンがすでに設けられていた場合、組立・充填・調整で4−5時間程度で稼動が可能です。

このように、省スペースで調整時間が短時間で可能であるのは、濾過材が高性能であるからです。ろ材は「キヨノライトFM型セラミクス」で、蠧本技術開発センターのオリジナルです。

各地の現場に設置してまいりましたが、十分なスペースを頂けるところはありません。濾過材の容積を圧縮できる高性能なろ材が必要とされます。基本濾過材を、キヨノライトFM型セラミクスとして除Fe・除Mnのノウハウの蓄積を重ねました。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
地下水を処理する
コンテンツのトップ 次のページ
キヨノライトFM型セラミックス


Copyright © 2006 Kobasaku Company Co.,Ltd. All rights reserved. Powered by XOOPS Cube 2.0